ソニー独自の画面から音が出る!漆黒のフラグシップ4K有機ELテレビ



4K画質の826万画素が自然発光する有機ELの特性を活かしたテレビです。これに加えて次世代

高画質プロセッサーを入れることで、高画質かつ高コントラストな映像を見ることができます。

そしてさらに黒をより黒く映し出すことで立体感が生まれ、あたかも現実世界に出てくるかの

ような錯覚が( ゚Д゚)




音声に関しても高音質(=゚ω゚)ノ

画面そのものから音が出てくる「アコースティック サーフェイス オーディオプラス」を採用。

そして、テレビの後ろにアクチュエーター20W×2とサブウーファー10W×2、最大出力(JEITA)

60Wの迫力のある音声を聞くことができます。



【意外と便利なちゃんねるポン】

ソニーならでは!電源OFF時、電源ボタン押さなくても、見たい番組のボタンを押すだけで電源が入ります(^^)/

使ってみると意外に便利な仕様ですので、ぜひ使ってみてください。




液晶や有機ELテレビも続々とBS4K/110度CS4Kのチューナー内蔵型が出てきました。

今現在の4K非対応のBSアンテナでも条件がよければ、NHKや民放は視聴することができます。

ただし、右旋電波を使用してますので、いずれは右旋電波がなくなり左旋電波のみの配信になってますので、ずっと見れるわけではありません。

有料チャンネルやなども見たいということになれば、ご家庭の状況によって、部材を色々交換しないといけないので、ご相談はコマツ電気へご一報ください。

 



2019年08月31日|映像機器:有機EL